SSL化(https://)しているのに、なぜhttp://で表示されるの?

年が明けて、 chromeをじっと見ていたらなんと自分のサイトのURLの前に!みたいなのが付いているではありませんか。

なんだろうかと思ってググってみると、信用が置けないサイトと言うらしいです。

いろんな情報が盗み取られる可能性があるということです。

これは大変だと思い、早速私もSSL化するようにしてみました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

エックスサーバーでSSL化してみました。

エックスサーバーは、サポートが手厚く評価の高いレンタルサーバーです。

私も今では、 2つ契約しています。

レンタルサーバーは、 5つほど契約していたのですが、性能が良いサーバーに絞っています。

エックスサーバーは、アフィリエイタ―がよく使っているサーバーですので、わからないこともちょっとググればたくさん出てきます。

いくつかサイトを運営していて、エックスサーバーでSSL化してみたのですが、ひとつのサイトだけどうしてもできないのがあったのです。

エックスサーバー内で無料SSLを申し込み、 SSL用のURLをクリックしても、 http://の表示に変わってしまいます。またhttps://と手打ちすると、サイトのレイアウトが壊れてしまっています。

そこで、早速エックスサーバーのカスタマーサポートに電話したのですが、サイトのレイアウトの崩れはサーバーの問題では無いと言う事と、確かに無料SSLはこちらの方でも確認できます。

という返事でした。聞きたいことの返事がないまま、今度はメールで問い合わせしました。

質問した事は2点です。

  1. SSL化したサイトがレイアウトが崩れて表示される。
  2. SSL用アドレスをクリックしても、http://独自ドメインが表示される。

返事は、

1.については、こちらはWebサイト側の設定に問題がある可能性が高くございます。

SSL接続の場合、「http」からのCSSや画像の呼び出しができません。
※ブラウザ上に警告が表示されます。

ということだったのですが、私の場合はブラウザ上に警告とか何も表示されませんでした。

2.については、こちらはWordPressにおけるURL設定の問題かと存じます。

WordPressのダッシュボード内URL設定から、
URLをhttp://独自ドメイン → https://独自ドメイン へと設定変更をお試しいただければと存じます。

という返事でした。
私は、質問する前に色々自分で調べています。
2で言われたWordPressの管理画面から、 URLをhttps://に変更するのは、自分で調べてやっていました。
このようにすると、管理画面が表示されなくなります。
データベースを書き換えないといけないようになってしまうのです。
カスタマーサポートの方が、このような返答をなさる事自体がとても落胆しました。
【スポンサーリンク】

エックスサーバーの無料SSLを削除して、また申し込みました。

他の人のサイトを見ていたら、 SSLの設定がまずかった。というようなサイトがあったので、

無料SSLを削除して、もう一度申し込んでみました。

これできちんと表示されればもうけものです。

しかし、考えが甘かった。

他のサーバーにWordPressを引っ越します。

エックスサーバーでは、もうここまでかと思ったので、他のサーバーに引っ越するようにしました。

動作確認URLを打ち込んでも、 WordPressは正常に確認できないことがあるということでしたので、今回はこのサイトを参考にさせてもらいました。

サーバー移転の際に役立つ「hosts ファイル」でウェブサイトの動作確認する方法!

ありがとうございます。

動作確認ができたので、ネームサーバーも変更してこれからSSL化していきます。

【スポンサーリンク】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事をお届けした
みるくぽっとの独り言の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!