Xamppをローカルに設定 苦労した。

サイトを運営していたら、バックアップは必須ですが、私は、いざというときに慌てるタイプ。
とわかっているので、バックアップするプラグインをいれて一応設定はしているつもりでした。

カテゴリの設定を変えて、前の設定を復元したいと思ったのがきっかけでした。

今使っているドメインはそのままで復元するには?

別のドメインを使う。
ローカルに復元する。

の2つの選択肢があったので、簡単に出来る方を考えたのです。

といってもどちらが簡単に出来るかわからない・・・。

とりあえず、ローカルに復元の方からやってみました。

Xamppインストールして

Xampp Cドライブなら容量が大きすぎる?なら別のドライブに入れようかな?

とりあえず、分割している別のドライブにいれて。

頭の中がちんぷんかんぷんになってきた。

インストールはもちろん出来たいるのだけど‥‥‥。
あっ!!

スカイプが邪魔しているんだ。
ポートをかえて・・・。

あとで、スカイプの設定をかえて。忘れないようにメモメモ。

ローカルにアクセスすると、スタートの画面と違う・・・。

へっ?

やっぱり、Cじゃないと行けないの?

ココで、Xamppは諦め

使っていないドメインで復元するようにした。

FFFTPで、バックアップしていたフォルダをドメインの直下にアップロード

URL入れると

データベース確率エラー

あっ

データベース情報を上書きしてしまった。

ココで、メモを残していないかと色々調べたけど、泣きたい。

朝5時からやってすでに12時過ぎちゃった。

なにやってんだろう。

別ドメインで復元はコピーサイトになるからいけないよね~~。

と思いながらやっていたので、急ぎすぎたのもあるけど。

後から飛ばされるの考えたら
こっちが良かったのかな?とやせ我慢。

気をとり直して
Xamppをアンインストールして
Cドライブに入れなおし。

大きいサイズのMySQLがphpMyAdminにインポートできない・・。

Sqlを圧縮しても

サイズが大きすぎる・・・。

なんで?なんで?

php.iniの編集もやった。

私のファイルの大きさが2043kib

何で、出来ないの?

と試行錯誤。

コントロールパネルからXampp起動させて
アップロードファイルの大きさを変更するのは、
コントロールパネルの

「Explorer」ボタンをクリックして、
php.iniファイルは開いたフォルダウィンドウの中のphpフォルダの中。

php.iniを書きなおして、
一度XAMPPのApacheをストップして、もう一度スタートさせてください。

容量が変更になったから
インポートできました。

ここまで終わったら、8時になっていました。

一日お疲れ様でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事をお届けした
みるくぽっとの独り言の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!